読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画るでん。

主にAmazonPrimeビデオで観れる映画を紹介していきます。

MENU

クリスマスまでに観たい映画「東京ゴッドファーザーズ」

<広告>

こんにちは。「映画るでん。」です。

今日はクリスマスをテーマにした心温まるヒューマンドラマを展開する映画「東京ゴッドファーザーズ」を紹介させてください。

《こんな人におすすめ》

『心温まる物語がみたい』

『多少笑える要素があるのがいい』

今敏の作品が好き』

東京ゴッドファーザーズ

物語のあらすじ

ギンちゃん、ハナちゃん、ミユキ。
新宿で暮らすホームレス3人組の前に、意外なクリスマス・プレゼントがやってきた。
ゴミの山の中で生まれたばかりの赤ちゃんを発見したのだ。
勝手に“清子”と命名し、ゴッドファーザー(名づけ親)となった3人は、雪ふる街を、親を探してさまよい歩く。
ウラ東京で、人生を生き抜くホームレスたちが、急転する「運命」の中で出遭う<奇跡>とは。

キャラが濃い

新宿で暮らすホームレス3人組という設定をみた時点で既にかなり濃いですが、蓋をあけてみてもやっぱり濃いです。

小汚いオッサン"ギン"とニューハーフの"ハナ"、そして威勢のいい家出JK"ミユキ"。

ミユキが作中で緩和剤のような働きをしているけど、"ギン"と"ハナ"だけの映画だったら絵面が酷いことに…、でもまあ、それでもぜんぜん面白そうですが。

とにもかくにも新宿ホームレスという独特のアンダーグラウンド感が心地良く、人情味あふれる映画です。

まとめ

パプリカに続き今回も今敏さんの作品です。

 

eiga-ruden.hatenablog.com

 

今敏さんの作品は外れなく全て面白いのでAmazonPrimeビデオなど、無料で観れる機会がある人にはぜひとも触れて貰いたいです。
最後までお付き合いありがとうございました。

広告を非表示にする

^
TOP